【箱根駅伝】学法石川高から最多11人…箱根駅伝の登録ランナー出身校別

東京箱根間往復大学駅伝競走(とうきょうはこねかんおうふくだいがくえきでんきょうそう)は、例年1月2日と翌3日の2日間にわたり行われる関東地方の大学駅伝の競技会(地方大会)である。関東学生陸上競技連盟(以下「関東学連」という。)が主催し読売新聞社が共催する。一般には箱根駅伝
234キロバイト (31,372 語) – 2021年1月2日 (土) 23:11

(出典 news.biglobe.ne.jp)
ほぼ全国の高校からランナー登録がありますけど福島の学法石川が一番多いですね🏃
頑張ってください🏃
1 砂漠のマスカレード ★ :2020/12/29(火) 23:14:14.71

今回の箱根駅伝には、43都道府県の高校から331人と、ケニア出身の5人を合わせた336人がエントリーした。

 出身校別で見ると、学法石川(福島)が最多の11人にのぼった。東洋大期待のルーキー松山和希らがメンバー入りを果たした。

 2番目に多かったのは、全国高校駅伝に23年連続出場の強豪校、佐久長聖(長野)。全日本大学駅伝で8区3位の東海大・名取燎太(4年)、同3区区間賞の早大・中谷雄飛(なかやゆうひ)(3年)ら9人が登録された。

 3位には、東洋大エースの西山和弥(4年)らを輩出した東農大二(群馬)、全日本5区で区間新をマークした青学大・佐藤一世(いっせい)(1年)らが出た八千代松陰(千葉)、同4区2位の早大・太田直希(3年)らが出身の浜松日体(静岡)の3校が7人で並んだ。さらに埼玉栄(埼玉)、洛南(京都)、西脇工(兵庫)、倉敷(岡山)が6人で続いた。

 出身校の都道府県別では、千葉が29人で4年連続最多。2位は静岡の23人、群馬が19人、兵庫が15人と続いた。奈良、島根、高知、沖縄はゼロだった

https://news.yahoo.co.jp/articles/7ba2246e6132877eac36b85624427f1293154989
12/29(火) 17:41配信


(出典 www.yomiuri.co.jp)

https://sokutrend.com/gakuhouisikawaekiden/

続きを読む

Related Posts