【中国】健康確認アプリから芸能人の顔写真が大量流出、ネットで激安販売も[R3/1/2]

2020年4月17日閲覧。 ^ “インド、コロナ追跡アプリを強力推進「中国化」の懸念も”. ロイター (2020年5月14日). 2020年5月14日閲覧。 ^ “新型コロナウイルス接触確認アプリ”. 厚生労働省. 2020年6月19日閲覧。 ^ “感染者「接触確認アプリ」とは 政府が仕様書公開”. FNN (2020年5月27日)
9キロバイト (1,089 語) – 2020年12月14日 (月) 09:53

(出典 contents.oricon.co.jp)
芸能人の顔写真が流出って日本人は入ってないでしょうね…❓️
1 ■忍【LV20,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :21/01/02(土)03:25:08 ID:???

コロナ禍の中、中国政府が特別に作った「健康コード」というアプリがある。必要情報を入力すると、新型コロナウイルス感染リスクの大きさが
3段階で表示されるもので、公共の場所を訪れたり、飛行機や鉄道などの公共交通機関を利用したりする際に提示を求められる。グリーンのQR
コードが表示されれば、入場や乗車などができる仕組みだ。

20年2月以降急速に広まったこのアプリだが、現在これが悪用され大きな問題となっている。大勢の芸能人の顔写真とPCR検査の結果が漏洩し、
WeChatなどを通じて販売されているというのだ。

情報漏洩の被害に遭ったのは「北京健康コード」で、「本人に代わってPCR検査結果を調べられる」というサービスがあだとなった。これはスマート
フォンを持たない、または使えない人のためのサービスで、調査対象となる人物の身分証番号が分かっており、調査する人物の顔認証をクリアできれば、
最大4人のPCR検査結果を知ることができるというもの。

しかし、実際に使用してみると、身分証番号が分かるだけでPCR検査結果が入手できてしまったため、犯人グループは違法に手に入れた有名人や芸能人
の身分証番号で、顔写真付きのPCR検査結果を取得したという。

数カ月前の8月にも、中国では健康コードによる個人情報の漏洩が話題となった。北京市政府の新聞弁公室が、中国版ツイッター・新浪微博に掲載した
正式回答によると、健康コードは「最低限の個人情報のみを収集するもの」で、「ログインのたびに実名認証が必要となり、個人データにはモザイクを
施して漏洩の防止策にしている」とのこと。

しかし、名前、電話番号、身分証番号などの個人情報にモザイクがかかったとしても、芸能人の場合は顔写真だけでも身元が特定されるため、今回の
事態を招いてしまった。出回っている転売情報を見ると、「写真70枚のセットが2元(約32円)」、「芸能人1000人分の身分証番号が1元(約16円)」
などという、目を疑うような取引が記されている。

システムの脆弱性を突くことによって起きた芸能人の写真流出事件。アプリ開発会社は……

(以下略)

レコチャイ 1月1日
https://www.recordchina.co.jp/b864423-s21-c70-d0035.html

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 117◆ !max600
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1607491679/

-------------------------------------
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
-------------------------------------

https://pattayaja.com/2020/06/22/12356/

続きを読む

Related Posts