【東京五輪】「ラオスは選手を派遣しない」[R3/1/2]

IOC守る「不平等条約」 東京オリンピック延期”. 毎日新聞 (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。 ^ “東京五輪、複数の国際競技連盟が春開催を希望…IOC臨時会議” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年3月27日). 2020年3月27日閲覧。 ^ 五輪開幕、来年7月で調整 IOCと東京都・組織委
148キロバイト (17,627 語) – 2020年12月31日 (木) 07:33

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
コロナウイルスの感染が酷くなる一方だし、このままだと選手達に危険が生じるから選手達を派遣しない考えでしょうね…
早くウイルスが消えてほしいです…
1 ■忍【LV20,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :21/01/02(土)07:20:15 ID:???

◎記事元ソース名/東京五輪の緊急調査に“NO”を明言する国が出た!「ラオスは選手を派遣しない」

(略)……

本誌は日本以外の205の国と地域の五輪委員会(NOC)に、一斉アンケートをおこなった。

「2021年7月に五輪は開催できるか?」
「選手を派遣するか?」
「コロナ禍が続いた場合、どのように開催されるべきか?」

 以上3つの質問をしたところ、16カ国のNOCから回答を得られた。多くの国が、「開催を確信」「選手を派遣する」と答えた中で、驚くべきはラオスの回答だ。

「我が国から、コロナ禍の五輪に選手を派遣することはないと考えています」

 東京五輪に「NO」を突きつける回答が送られてきたのだ。ラオスは伝統的な “親日国” だけに、衝撃は大きい。各国からの回答について、
元JOC参事の春日良一氏が解説する。

「そもそもNOCは、政府から自律を貫きながらも、その動向を意識してスポーツの立場を守っていく組織なので、この種の政治にかかわる
問題には、簡単に発言しないんです。
たとえば、1980年のモスクワ五輪で西側諸国がボイコットした際も、公式見解が出るまでは、各国のNOCはメディアの質問に
簡単に口を開かなかった。ですから、今回の16カ国からの返答は驚きです」

(以下略)

smart Flash 12月31日
https://smart-flash.jp/sociopolitics/127017

-------------------------------------
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
-------------------------------------

https://ameblo.jp/music-with-u/entry-12563801001.html

続きを読む

Related Posts