コロナ専門病院の看護師 性欲に勝てず防護服を脱いでコロナ患者とパコパコしてしまい炎上

看護(かんご、英: Nursing)は、個人や家族、地域社会が最大限の健康を取り戻し、できる限り質の高い生活ができることを目的とした支援的活動である。職業人である看護師の行う実践を指す場合が多いが、患者の家族などが病気や障害などを理由に生活上の困難を抱えている患者などに対して日常生活における世話や情
15キロバイト (1,851 語) – 2020年12月3日 (木) 05:14

(出典 sn-jp.com)
これはまずいですよ😨
我慢して患者の治療をしっかりしないと…
1 地球(東京都) [IN] :2020/12/30(水) 16:58:47.73

病院のトイレでコロナに感染した患者と性的関係を持つため、防護服を脱いだ看護師が問題とされている。

問題となっているのはインドネシアのジャカルタにあるウィスマ・アトレット・クマヨラン・コロナ専門病院で、
コロナ患者と看護師の間に不適切な関係があったという。

1人の男性患者がコロナの隔離施設で看護師と性的関係を持ったと主張する書き込みをオンラインコミュニティに掲載した。

彼が投稿と一緒に公開した写真には*ある防護服やティッシュなどが確認することができる。

この書き込みが問題となると、警察は捜査に乗り出し、捜査の結果、男性看護師と男性患者が
トイレで性的関係を持っていたことが明らかになった。

2人はコロナの隔離施設で会った後、チャットで会話を交わしたものとみられる。患者と接触した看護師は現在、
コロナ検査を受けて隔離され、結果を待っているという。 また病院側は当該看護師を解雇した。

ムスリムが人口2億6千万人の87%を占めるインドネシアは、同性愛を精神疾患とみなすほどタブー視している。
ただ法的に禁止しないなど、比較的寛容な態度を見せてきた。

しかし当該事件に対して刑事告訴される可能性があり、有罪が確定すればそれぞれ10年以下の懲役刑が言い渡される。

https://gogotsu.com/archives/61891

(出典 gogotsu.com)

続きを読む

Related Posts