【いつもの】コロナ禍を襲う「関東地震」「南海トラフ」「富士山噴火」トリプル連鎖Xデー

震災では焼死、阪神・淡路大震災では圧死、東日本大震災では水死が多かった。政府により「大震災」と命名された災害の派生語は、「大」を外して「震災」と略して言う場合もあり、派生語における大震災震災がその程度を示すとは言えない。たとえば福井地震は、上記の3つとほぼ並ぶ被害規模だが、大震災の名で呼ばれることは殆どない。
19キロバイト (2,946 語) – 2020年11月17日 (火) 14:41

(出典 weekly-jitsuwa.jp)
震災は、いつ起きるか解りませんからね😨
コロナウイルスの影響もありますし、万全な体制で気を付けてください…
1 青色超巨星(宮崎県) [VN] :2020/12/29(火) 06:59:46.58

新型コロナウイルスで日本中が悲鳴を上げている最中に、関東大震災、南海トラフ地震、そして、富士山噴火と超ド級の天変地異が連続して起きる――。歴史を紐解くと、約300年前の5代将軍・徳川綱吉時代に、危機迫る現在と酷似する受難の過去があった。

まず、M(マグニチュード)8以上の元禄関東地震が起きたのは元禄16年(1703年)11月23日。現代の暦に直すと、12月31日の大みそかに当たり、例年なら年の瀬で賑わう東京の街を突如襲ったことになる。

「コロナ禍の日本であっても、天地動乱の巨大地震は容赦なく我々の身に降りかかるのです。元禄関東地震では、相模灘から房総半島にかけて津波の被害も発生しました。入口が狭く、中が広いフラスコ型の東京湾は津波の被害はそれほどでもないと言われますが、本所、深川、両国で1.5メートル、品川と浦安2メートル、横浜3メートル、さらに隅田川の遡上も記録に残っている」(サイエンスライター)

ソースはトカナではなく週刊実話
https://weekly-jitsuwa.jp/archives/7283

https://itoito.style/article/4117

続きを読む

Related Posts