コロナ感染者数に対する死者の割合に大きな地域差 東京が1.1%なのに最も高かった岩手県は5.8% 

新型コロナウイルス(しんがたコロナウイルス、英語: Novel coronavirus, nCoV)とは、コロナウイルスウイルスのうち、新型のもの。特にヒトコロナウイルスについて多用される。 2002年 SARSコロナウイルス (SARS-CoV) – 2002年11月頃から2003年7月にかけて流行した重症急性呼吸器症候群
4キロバイト (424 語) – 2021年1月1日 (金) 19:43

(出典 image.news.livedoor.com)
岩手は感染者が少ない割りに亡くなる率が高いのですね…
早くウイルスが消えてほしいです…
犠牲者のご冥福をお祈りいたします🙏
1 ポラリス(岐阜県) [TW] :2020/12/30(水) 04:43:01.17

新型コロナ感染後に死亡する人の割合は、
東京が1.1%にとどまるのに対し、
岩手、富山、石川の3県では5%を超えるなど
地域によって大きな差があることが29日、
共同通信の集計で分かった。

高齢者施設などでのクラスター(感染者集団)
発生のほか、医療設備や治療経験の差が影響
したとみられる。感染防止策や医療提供体制を
全国で共有する取り組みが求められそうだ。

共同通信が、23日時点の都道府県別の
感染者数に対する死者の割合を調べた結果、
最も高かったのは岩手の5.8%で、福島、福井、
兵庫など16道府県が全国の平均の1.5%を超えた。
これに対し、島根や鳥取は死者が出ていない。
https://news.livedoor.com/article/detail/19459913/

https://blog.goo.ne.jp/wa8823/e/fa25909b8fec94aeba96ee59d00afe92

続きを読む

Related Posts