株式時価総額、世界で15兆ドル増 中銀緩和マネーが支え:日本経済新聞

時価総額(じかそうがく、Market capitalization)、株式時価総額とは、ある上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであり、企業価値を評価する際の指標である。時価総額が大きいということは、業績だけではなく将来の成長に対する期待も大きいことを意味する。時価総額
6キロバイト (363 語) – 2020年11月28日 (土) 11:05

(出典 blogimg.goo.ne.jp)
世界の中央銀行が金融緩和策とって株高とはね😳
でも早くウイルスが消えて景気が回復してほしいです…
1 カロン(光) [FR] :2020/12/31(木) 08:28:41.79

2020年は世界的な株高となった。世界の上場企業の株式時価総額は100兆ドル(約1京円)を超え、1年間で約15兆ドル増えた。支えとなったのが、新型コロナウイルスの経済影響を抑えるために世界の中央銀行がとった金融緩和策だ。主要9中銀の資産は9.7兆ドル膨らんだ。日経平均株価は年間で16%(3787円)高で今年の取引を終えた。

世界株高の起点となった各国中銀の金融緩和策では、米連邦準備理事会(FRB…
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODB288YU0Y0A221C2000000/


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts