村岡さんの作る独楽が話題「男児の初節句などのお祝いにいかが」

兵庫県伝統的工芸品 姫革細工 有馬の人形筆 有馬籠 明珍火箸 杉原紙 城崎麦わら細工 丹波布 名塩紙 美吉籠 赤穂雲火焼 しらさぎ染 兵庫仏壇 姫路仏壇 和ろうそく 姫路独楽 姫路張子玩具 王地山焼 丹波木綿 三田鈴鹿竹器 播州鎌 播州そろばん 播州山崎藍染織 淡路鬼瓦 赤穂緞通 稲畑人形 国指定伝統的工芸品 高山茶筅
56キロバイト (4,818 語) – 2020年12月27日 (日) 18:15

(出典 d1d7kfcb5oumx0.cloudfront.net)
姫路独楽 – こまごま
https://komagoma.wordpress.com/2019/02/12/%E5%A7%AB%E8%B7%AF%E7%8B%AC%E6%A5%BD/
男児の初節句向けの独楽ですか😀
男児が喜びそうですね😀
1 ベンガルヤマネコ(茸) [US] :2019/09/24(火) 20:33:34.30

黒田官兵衛カラーの飾りごま制作 姫路の独楽職人
 姫路ゆかりの戦国武将・黒田官兵衛の兜の色にちなんだ飾りごまを、伝統工芸品「姫路独楽」の職人村岡正樹さん(53)=兵庫県姫路市=が制作した。官兵衛が愛用したと伝わる「銀白檀塗合子形兜」を参考に、黒、赤、金の3色で艶やかに塗り上げた。(地道優樹)
 姫路独楽は江戸後期から作られ、縁起物としても重宝された。村岡さんはろくろと鉋を使った独楽作りの技を継承する「姫路独楽伝承会」の会長を務め、昨年から飾りごまも手掛ける。
 国産のミズメザクラを削った飾りごまは直径15センチと21センチの2種類。通常遊びで使うこまの2、3倍の大きさに相当する。中心には鉄芯を通し、重さはそれぞれ約800グラムと約2キロある。
 官兵衛の兜は光沢のある赤褐色が特徴で、銀箔を施した上から透き漆をかける技法「白檀塗り」が用いられている。村岡さんはこまの中心部分に銀色の塗料の上から漆を塗ることで、兜に似た色合いを表現した。
 乾燥させながら手作業で何度も重ね塗りするため、1個作るのに最短でも約1カ月を要し、現在までに計12個を完成させた。
 飾りごまには「子どもが独り立ちできるように」「仕事や家庭がうまく回るように」といった願いが込められているという。村岡さんは「正月飾りや新築祝い、男児の初節句。播磨で昔からあった姫路独楽を贈る風習を広く知ってもらいたい」と話す。
https://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/201909/sp/0012727622.shtml


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts