まだまだやります、2021年新春吉例いろは歌留多

かるた (歌留多からのリダイレクト)
かるた(歌留多、加留多、嘉留太、骨牌)とは、カードを使った主に正月に遊ぶ室内遊具である。 元々はトランプなどのカード一般を指した。現代日本では、花札か、後述する読み札にあわせた絵札をとってその枚数を競う競技を意味するようになった。 また、小倉百人一首の場合は読み札には短歌が書かれ、取り札には下の句が書かれている。
14キロバイト (1,147 語) – 2020年12月29日 (火) 14:00

(出典 business.nikkei.com)
歌留多のデザインもいろいろありますからね😀
見ているだけでも楽しいです😀

続きを読む

Related Posts