【社会】皇軍双六や愛国かるた…おもちゃに戦時色 滋賀で企画展 [H27/11/13]

愛国心(あいこくしん)または愛国主義(あいこくしゅぎ、パトリオティズム、英: patriotism)は、自分の国家に対し、愛着や忠誠を抱く心情。 英語の「愛国者」(patriot)との用語は、エリザベス朝で初めて使用され、語源は6世紀の後期ラテン語で「国の人」を意味する patriota
15キロバイト (2,001 語) – 2020年12月28日 (月) 08:17

(出典 www.showakan.go.jp)
戦中・戦後は酷かった時代の様でしたからね😞
その時代のおもちゃも物語っている感じがします❗️
今後、戦争が起こらない事を願います🙏
1 ◆qQDmM1OH5Q46 :2015/11/13(金)08:58:23 ID:???

滋賀県東近江市八日市東本町の東近江大凧(おおだこ)会館で、戦後70年に合わせた
企画展「戦時中のおもちゃ」が開かれている。軍人を描いためんこや戦時標語を記したかるた、
戦争ごっこに使われた銃や戦車のおもちゃなどが並び、子どもたちの遊びまで戦時色に
染まった世相を感じることができる。

 昔のおもちゃを収集している「日本独楽(こま)博物館」(名古屋市)との共催で、
同館が所蔵する太平洋戦争前後のおもちゃなど63種類、計516点を展示している。

続き Yahoo!ニュース/京都新聞 11月12日(木)12時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151112-00000017-kyt-cul

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/51

続きを読む

Related Posts