【日本の料理】中国人が日本の回鍋肉や羽根つき餃子を見て衝撃を受ける

料理が多くある。 また、日本国内において中華料理と呼ぶ場合は、日本人向けに味付けや調理法が工夫、創作された大衆料理(いわゆる「中国料理」風和中折衷創作料理)を指し、ラーメンや餃子を代表的な料理とする事が多く、中国料理(または地域名をつけて「広東料理」、「上海料理」、「北京料理」、「四川料理
22キロバイト (2,917 語) – 2020年12月12日 (土) 00:09

(出典 dol.ismcdn.jp)
元々は回鍋肉・餃子は中国からの料理ですし、日本風にアレンジすると中国風と見掛け・味などが違ってきますから中国側が見て衝撃を受けるのも仕方ないでしょうね😞
1 みなみ ★ :2019/12/11(水) 19:05:53.44

12/11(水) 6:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00222833-diamond-cn

オフィス街や大学など、至るところで見かけるようになった中国人。増え続ける彼らの舌に合わせるようにして日本の中華料理も徐々に進化してきているが、それでも“本場”の中華料理とはだいぶ異なる点があるようだ。具体的に聞いてみると、意外な違いを指摘され、中国に通い続けている私も、思わず「そうだったのか!」と驚かされた。(ジャーナリスト 中島 恵)

「ここが変だよ、日本の中華!」と 思っている中国人はけっこう多い

 「『ここが変だよ、日本の中華!』。こういうふうに思っている中国人はけっこう多いと思いますよ。日本人に申し訳ないし、外国(日本)でアレンジされた料理って、たぶんそういうものだと思うので、あまりそのことを大きな声で言わないだけです」

 こう語るのは日本に住んで10年以上になる中国人男性。出身地は中国の内陸部、四川省だ。四川省といえば、日本人の誰もが思い浮かべるのが「パンダ」や「麻婆(マーボー)豆腐」。どちらも日本人になじみ深いもので、人気がある。

以下ソースで


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts