【食、食べる食べない】元旦に食べる地域もあった!『年越しそば』っていつ食べればいいの?

年越しそば(としこしそば)とは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦。日本で歳末の風物詩ともなっている風習・食文化である。地域による特色があり、呼び方も晦日蕎麦、大年そば、つごもり蕎麦、運蕎麦、また、大晦日蕎麦、年取り蕎麦、年切り蕎麦、縁切り蕎麦、寿命蕎麦、福蕎麦、思案蕎麦と多くある。
10キロバイト (1,352 語) – 2020年12月31日 (木) 15:22

(出典 www.jalan.net)
明けましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いいたします🙇‍♀️
元旦に年越し蕎麦を食べる地域があるのですか…❓️
風習などが違うかもですね🍜
1 みなみ ★ :2020/12/30(水) 18:04:44.95

12/30(水) 16:45配信
https://article.yahoo.co.jp/detail/36576f25db97a8579c747c6aded9e044c4642a45

毎年必ず年越しそばを食べるという家庭は多いだろう。家族でゆったりと過ごしながら、気持ちを新たに新年を迎えるためにも年越しそばは欠かせない。では、なぜ年越しそばを食べるのかご存知だろうか。今回は年越しそばの起源や意味、いつ食べるのかなどを紹介していく。何気なく毎年の習慣として食べているという人にも、日本の古きよき風習をぜひ知ってもらいたい。

1.年越しそばの風習はいつからはじまった?

現在では年末の定番である年越しそばだが、いつから食べられているかご存知だろうか。年越しそばは、江戸中期頃に食べられるようになったとされている。そばは、細く長いことから「長寿を願う」、切れやすいことから「一年の厄を払う」、金銀細工師が金粉を集めるのにそば粉を使うため「金を集める」など、さまざまな縁起のよい意味があるようだ。それらの理由から、年越しそばは縁起物として長く続いてきたのである。しかし、実は年越しそばが広まる以前にも、年末にそばを食べるという風習があった。鎌倉時代に博多の承天寺で、商人がそばを使った餅を町人にふるまったところ、翌年から町人たちに幸運が訪れ、「運そば」「福そば」などと呼ばれはじめたのだ。このそばを使った餅が、年越しそばの起源とされている。年越しそばがいつから食べられているかの答えは江戸中期、年末にそばを食べる風習は鎌倉時代にまでさかのぼるのだ。では、年越しそばはいつ食べるのかという疑問を次で確認していこう。

以下ソースで

https://cancam.jp/archives/632976

続きを読む

Related Posts