ズボンとパンツのような物を身に着けた白骨が杉林で発見される 秩父

秩父警察(ちちぶけいさつしょ)は、埼玉県警察が管轄する警察の一つである。署長は警視。 埼玉県秩父市上宮地町29番2号 秩父市のうち 旧秩父市、旧秩父郡荒川村・大滝村(旧吉田町地区は小鹿野警察管轄) 秩父郡横瀬町・皆野町・長瀞町 平成3年3月14日 – 山岳救助隊が発足する。(隊長は秩父警察
3キロバイト (390 語) – 2019年8月10日 (土) 05:29

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
白骨死体ですか…
殺人か自殺かの特定などが大変ですね…
早く解決出来れば良いですけど…
被害者のご冥福をお祈りいたします…
1 ヒドラ(光) [US] :2020/12/31(木) 11:35:31.41

埼玉県の秩父署は30日、秩父市荒川久那の小持山(標高1273メートル)で白骨の頭蓋骨や肩甲骨などを発見したと発表した。

 同署によると、28日午後5時35分ごろ、小持山を下山した男性(56)から「人骨のようなものがある」と110番があった。

 同署の山岳救助隊が29日に捜索し、小持山の中腹の杉林で人骨を確認した。
着衣は紺色で登山用のヤッケ、白っぽいシャツや肌着、ズボンとパンツのような物、靴下、クロックスサンダルで、腕時計やたばこ、眼鏡、小銭入れもあった。年齢や性別は不明で、同署は事件事故の両面から調べている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/595fa8e2bb210f015bfdf3f029e5202f30bedd5d

https://buzz-plus.com/article/2019/11/05/mount-ishizuchi-sliding-accident/

続きを読む

Related Posts