【フワちゃん】苦難のコンビ時代「面白いと思ったから組んだのに」 出演番組を必ず見るワケ

フワちゃん、都大会3位の俊足少女時代! フワママ&フワ叔母も活躍に「うれしい」”. 週刊女性 (2020年6月3日). 2020年6月4日閲覧。 ^ Wikipediaの真偽を確かめるフワちゃん – YouTube ^ a b c “「生きていることがエンタメに」ユーチューバー芸人・フワちゃんがバズるワケ”
25キロバイト (3,698 語) – 2020年12月27日 (日) 11:29

(出典 i.ytimg.com)
フワちゃんにコンビ組んだ時があったのですね…
上手くいかなかったのですね…
これからも頑張ってください!
1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/30(水) 12:39:20.72

12/30(水) 12:10配信
スポニチアネックス

フワちゃん

 人気ユーチューバーでタレントのフワちゃん(27)が29日放送のフジテレビ系「セブンルール」(後11・10)に出演。ブレークした今でも、自分が出た番組はすべて必ず見ることを明かした。

 番組では「2020年ブレークSP」としてフワちゃんを特集。フワちゃんは今年、「2020ユーキャン新語・流行語大賞」トップ10入り、「Yahoo!検索大賞2020」でも芸人部門を受賞するなど、まさに見ない日はないほどの大ブレークぶりを見せた。

 中学生の頃に芸能界を夢見たといい、大学2年生時に友人に誘われ、お笑い養成所入り。お笑いコンビ「SF世紀宇宙の子」を結成した。

 「私もその人のこと、面白いと思って、その人もフワちゃんのこと面白いと思ったから組んだのに、なんか上手くいかなかった。面白いのベクトルが違ったから、その人が作ったコントを上手に演じることがあまり私にはできなくて、なんで私ってこんなに面白いのに、コントも上手にできないし、漫才も覚えられないし、大喜利だって思いつかないし、エピソードトークもできない。でも、『絶対、何か面白いのになんでだろう』って思って、すごいもどかしかった。このままじゃ、どうやったら売れるんだろうって…」ともがいた日々を回顧。その後、コンビを解散し、ピン芸人になるも、鳴かず飛ばずの日々を送る中、友人の放送作家の誘いで、ユーチューブの世界へと進んだ。2年前に開設した「フワちゃんTV」は開設3カ月で登録者数1万人超で評判を集めた。

 ユーチューブの魅力について「ユーチューブって誰でもできるから、私がネタをやって、さらにもっと認知されて、バラエティー番組で初めてスタジオに行ってとか、そういう段階を踏まなくても、全部すっとばして、私が一番見せたい、自分の面白い形を見せることができる」と語った。

 バラエティー番組で引っ張りだことなった今でも「自分が出たテレビは1つも欠かさず、全部見る」とフワちゃん。「私はめちゃくちゃフワちゃんのことが好きなの。楽しいし、面白いし、かわいいし、大好きだから見るし」と誰よりも自分自身が自分のファンであることを公言。「テレビの中で自分が映ってたら、どんなにステキだろうなって昔から思っていて、今、夢がかなって、日常になってきたけど、慣れたくないの」とキッパリ。「こんな楽しい時間ない」と目を輝かせた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d0e5cc4a74bc1d62bcf3483b0ad6c1467dbe637d

https://blue-38.com/?p=17955

続きを読む

Related Posts