【地方行政】京都市、財政難で市民サービス削減へ 敬老乗車証見直し、職員給与もカット 市立芸大移転、予定通り進める

京都市(きょうとし  地元発音)は、京都府南部に位置する京都府の府庁所在地で、政令指定都市である。 日本のでは8番目の人口を有する。市内には794年(延暦13年)の遷都から、1869年(明治2年)の東京奠都までの1,000年以上にわたって日本の首都として平安京が置かれていたため、「古都」と呼ばれる。
167キロバイト (19,126 語) – 2020年12月26日 (土) 12:39

(出典 kyoto-np.ismcdn.jp)
議員報酬の10%カットが全会一致で決定!その先も議論を!! | 【京都党中京区】大津ゆうた-オフィシャルサイト
https://www.otsuyuta.com/%E5%B8%82%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1/%E8%AD%B0%E5%93%A1%E5%A0%B1%E9%85%AC%E3%81%AE%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%85%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%8C%E5%85%A8%E4%BC%9A%E4%B8%80%E8%87%B4%E3%81%A7%E6%B1%BA%E5%AE%9A%EF%BC%81%E3%81%9D%E3%81%AE/
京都市が財政難ですか…
いろいろ大変ですけど…
早くウイルスが消えてほしいですね…
1 樽悶 ★ :2020/12/29(火) 18:10:05.09

 京都市の門川大作市長は28日、市役所で記者会見し、深刻な財政難に陥った市財政を巡り、改革に向けた主な項目の「方向性」を公表した。高齢者向けの敬老乗車証の利用料見直しなど市民サービスの削減や、市主催のイベント事業を2021年度は原則休止・公費負担ゼロとすることなどが柱で、21年1月に詳細な改革事項を示す。財源捻出のため、職員の給与をカットする意向も表明した。

 市は従来、恒常的な財源不足を補うため、将来の借金返済に充てる「公債償還基金」(20年度当初で約1400億円)を計画外に取り崩すことで、負担を先送りにしてきた。しかし、新型コロナウイルス禍も背景に市財政の急激な悪化が見込まれ、市の試算では最短で26年度に基金が枯渇し、財政破綻を意味する「財政再生団体」に転落する恐れがある。

 敬老乗車証は高齢化に伴い、対象者が増加。1973年度の制度開始時で3億円だった事業費は、20年度で52億円と約17倍に膨れ上がっている。他都市と比べても利用者負担が少ないことを問題視し、現在は70歳以上としている対象年齢の引き上げや、利用者負担の増額を検討する。

 また、市が独自に上乗せしてきた被災者住宅再建支援制度の廃止や、市営住宅の家賃減免の見直しにも言及。公共事業は鴨川東岸線(川端通)など14事業の予算計上を見送り、地下鉄烏丸線の可動式ホーム柵設置(約110億円)も先送りする。一方、市立芸術大(西京区)の京都駅周辺への移転は「文字通り、京都が日本の文化の都になる大きな未来への事業」(門川氏)として予定通り進める。

 人件費については、働き方改革とともに「短期的な人件費抑制」を目指すことを明確に定めた。

 記者会見で、門川氏は「コロナ禍での改革になるのは大変心苦しい」と市民に陳謝。ただ「無駄なことをしてきたとは一切思っていない。ただ、コロナ禍によって継続できなくなったということだ」と強弁した。職員給与については「苦渋の決断だが、カットを提案する」と明言した。【小田中大】

毎日新聞 12/29(火) 11:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201229-00000015-mai-pol

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts