もし心臓に貼るだけで重症心不全を治してしまう「心筋シート」を小林製薬が開発したらどんな名前?

大阪大学(おおさかだいがく、英語: Osaka University )は、大阪府吹田市山田丘1番1号に本部を置く日本の国立大学である。1931年に設置された。大学の略称は阪大(はんだい)。 大阪大学は、1931年に大阪帝国大学として設立された、現在では11学部・16研究科を擁する国立文理総合大学
138キロバイト (17,033 語) – 2020年12月28日 (月) 02:04

(出典 www.sankei.com)
心臓に貼るだけで心不全を治す心筋シートを開発とはね!
医学も段々進んでいますね!
1 アルデバラン(SB-Android) [DE] :2020/12/25(金) 17:30:15.17

iPS心筋の心臓移植「順調」 大阪大の治験、3例実施

https://news.yahoo.co.jp/articles/8efa261ff025481e7ccbf7adf18a2ad5ae1f1ffc
 iPS細胞から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する治験で、大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームは25日、計画前半に予定していた3例の移植を終えたと発表した。「現時点の経過は順調」としている。

 チームは今年1月に1例目の実施を公表。これに続いて9月と11月に2、3例目の患者にも移植し、3人とも退院した。

 治験は、血管が詰まって心臓の筋肉に血液が届きにくくなる重症の虚血性心筋症の患者が対象。京都大で備蓄していた他人のiPS細胞から作製した心筋細胞を直径4~5センチ、厚さ0.1ミリほどの膜状にし、3枚を心臓の表面に張り付ける。


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts