【徳光和夫】中村泰士さん、なかにし礼さん…続く訃報に「本当にショックだな」

徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月3日〈戸籍上は3月10日〉 – )は、日本のフリーアナウンサー、タレント。元日本テレビアナウンサー。本名:德光 和夫(読み同じ)。 日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会(学校法
58キロバイト (8,051 語) – 2020年12月23日 (水) 12:30

(出典 news.biglobe.ne.jp)
中村氏・なかにし氏が続いて他界に…
本当にお気の毒です…
ご冥福をお祈りいたします…
1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/26(土) 11:52:34.48

12/26(土) 9:40
スポニチアネックス

徳光和夫 中村泰士さん、なかにし礼さん…続く訃報に「本当にショックだな」
徳光和夫
 フリーアナウンサーの徳光和夫(79)が26日、ニッポン放送「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー」(土曜前5・00)に出演。作詞作曲家の中村泰士さん(享年81)、作詞家で直木賞作家のなかにし礼さん(享年82)の訃報に「本当にショックだな」ともらした。

 今年は10月の作曲家、筒美京平さん(享年80)に続き、年の瀬に入り、中村さん、なかにしさんと、歌謡界の巨匠の訃報が相次いだ。「年の瀬に日本に元気を与える曲」「日本を代表するスタンダードナンバー」、なかにしさんが作曲した北島三郎「まつり」をオンエア。「礼さんは大変親しくさせていただきました。立教大学の後輩ということで、かわいがってもいただいた」となかにしさんとの親交を明かし、「ちょっと個人的にショックが大きくて」と肩を落とした。

 「今年の3月だと思うんですけど、お電話をいただいて『クラッシックをベースにした上質なコンサートを、またサントリーホールか、何かで徳ちゃんと大下(容子)さんの司会で、やりたいね』みたいな話があったんです」と回顧。「礼さんの才能の豊かさは驚くほどでありまして、小説家としては直木賞を受賞されて、オペラや能楽への造詣も深い」とし、「どんな権力に対しても迎合せず、媚びない。ガラスの破片のような感覚の持ち主でありまして、クールと言うのを地でいったような方」と人柄に触れながら、「石原裕次郎さんにかわいがられて、長嶋茂雄さんとも大変親しくて、銀座の高級クラブでは五木寛之、なかにし礼が女性人気を二分した」と懐かしんだ。

 「徳ちゃん、俺は本当にガンから立ち直ったんだ。だから立ち直ったからこそ、もしガンになったら俺に言え」となかしにさんの言葉を明かし、「まさか私がかかった心筋梗塞で逝かれるとは思っていなかった」とショックを隠し切れない様子だった。

 中村さんの訃報についても触れ、中村さんのこれまでの歩みや代表作・ちあきおみ「喝采」での作曲秘話などを振り返りつつ、「(中村さんは)病床でも周りを勇気づけていたそうなんです。最後まで男っぽさ、骨太さを貫き通したなと思った」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/82ef13811feb1266a90c182de897a67b72a3f306

続きを読む

Related Posts