アメリカではXマスにケンタッキー食べないらしいぞ。

KFCコーポレーション(KFC Corporation)は、KFCやケンタッキーフライドチキン(Kentucky Fried Chicken)のブランドで、フライドチキンを主力商品としたファストフードチェーン店を運営するアメリカ合衆国の企業である。 世界規模で展開し、世界で初めてフランチャイズビジネスを創始した。現在はペプシ
33キロバイト (4,280 語) – 2020年12月19日 (土) 09:53

(出典 i.ytimg.com)
意外…?
アメリカはケンタッキーを食べるイメージがあると思いましたけど…?
Xmasでケンタッキーを食べるのは日本だけ…?
1 アルデバラン(東京都) [ES] :2020/12/24(木) 09:52:57.83

◆海外では賛否両論!日本だけクリスマスにケンタッキーを食べる理由

・クリスマスにケンタッキーは日本だけ?

ケンタッキーフライドチキンを筆頭に、ファストフード店やコンビニ各社が、クリスマス近くになるとフライドチキンに力を入れていますよね。
テレビでは、「ク~リスマスがこっとし~も~やぁ~ってく~る~♪」の曲でおなじみのCMをよく目にします。

それほど日本ではクリスマスの定番と言えるケンタッキーフライドチキンですが、どうやらこの風習は日本独自のものなのだとか。
海外ではフライドチキンではなく、七面鳥の丸焼きを食べるのです。

・海外の反応は?

この風習に関して、海外の人からは「なんでクリスマスだけなの?」「普段から食べたらいいのに」「マスコミや店側の思惑通り」などの意見が飛び交っています。

たしかに、クリスマス時期のケンタッキーフライドチキンは本当に混んでいますよね。
クリスマスばかりは行列ができていたり、ようやく順番が回ってきたころにはクリスマスらしい商品がほとんど売り切れてしまっていたなんてことも……。

・なぜ定番に?クリスマスにケンタッキーを食べる理由

日本でクリスマスの定番がフライドチキンになったのは、「海外でのクリスマスの定番は七面鳥」ということが大きく関係しています。

その昔、日本に住む外国人がケンタッキーフライドチキン青山店を訪れ、フライドチキンを購入していきました。
日本ではターキー(七面鳥)が手に入らないので、 同じチキンと言うことでフライドチキンでお祝いしようと考えたようです。

これにヒントを得た当時の営業担当者が「クリスマスにはケンタッキー」を世の中に広めようと考え、1974年の12月からそのキャンペーンが開始されたとか。
https://macaro-ni.jp/35469

(出典 ascii.jp)

https://cdn.macaro-ni.jp/assets/img/shuttersto*/shuttersto*_531655297.jpg


(出典 Youtube)

続きを読む

Related Posts