小室さん会見しないで結婚強行突破か

執り行われた。婚約内定は7月8日に発表される予定だったが、平成29年7月九州北部豪雨を受けて延期された。 婚約内定後、「小室圭の母親と元婚約者との間に金銭問題が生じている」など小室家を巡る様々な報道が相次ぎ、2018年(平成30年)2月6日、宮内庁は「眞子内親王の納采の儀を始めとする結婚関係諸儀式を
32キロバイト (4,039 語) – 2020年12月20日 (日) 03:45

(出典 image.news.livedoor.com)
小室氏が結婚延長のトラブルを引き起こしたから会見位する方が良いですけど…
1 ハービッグ・ハロー天体(東京都) [CN] :2020/12/24(木) 15:00:53.88

 秋篠宮さまは11月30日の誕生日に向けた会見で結婚について初めて「認める」とご発言。その上で
「今までの経緯も含めてきちんと話すことは大事」との考えを示された。今月10日には、宮内庁の
西村泰彦長官が「説明責任を果たすべき方が、果たしていくことが極めて重要」と小室さん側へ苦言を呈した。

 代理人は11日、スポニチ本紙取材に「何らかの対応をする方針」としたが、現時点で動きはない。
「説明責任」を突きつけられた小室さんがどんな形で対応するのか注目が集まっている。そんな中、
宮内庁関係者の中でささやかれ始めているのが「小室さんは会見をしないのでは」だ。

 関係者は「会見でどんな説明をしても国民感情が一気に好意的になるとは考えにくい。ならば代理人に
説明をしてもらうか、文書で思いをつづるかして、波風を立てずに結婚に進もうとしているのではないか」と
指摘する。

 さらに「小室さんはむしろ納采の儀もしなくてもいいとの気持ちがあるのでは」との声も漏れている。
秋篠宮さまは「結婚と婚約は違う」との考えも示しており、いわゆる一般の婚約にあたる「納采の儀」は
「多くの人が納得し喜んでくれる状況、そういう状況にならなければ、行うことはできません」としている。
皇室関係者は「秋篠宮さまの示された状況にはなっていない上、小室さんにそうした努力をしようとする気配を
感じない。あくまで目指しているのは眞子さまとの結婚。こちらはお墨付きをもらっているため、会見も
納采の儀もなくてもいいと考えてもおかしくない」とする。
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/12/24/kiji/20201223s00042000578000c.html

続きを読む

Related Posts