【相撲】貴景勝、妻の実家「相撲部屋」から“出勤”撮! 北天佑が遺した土俵で綱取りへ

貴景勝 光信(たかけいしょう みつのぶ、1996年8月5日 – )は、兵庫県芦屋市出身で、常盤山部屋(入門時は貴乃花部屋、一時千賀ノ浦部屋)所属の現役大相撲力士。本名及び2016年11月場所までの四股名は佐藤 貴信(さとう たかのぶ)。身長175cm、体重183kg、血液型はO型。得意手は突き、押
119キロバイト (19,193 語) – 2020年12月24日 (木) 22:59

(出典 data.smart-flash.jp)
元北天祐関の相撲部屋の跡地に引っ越したのですか!
綱取目指して頑張ってください!
1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/23(水) 08:27:23.61

12/23(水) 6:04
SmartFLASH

貴景勝、妻の実家「相撲部屋」から“出勤”撮! 北天佑が遺した土俵で綱取りへ
Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
 2020年8月、本誌から「美女との焼き肉デート」についての直撃取材を受けた大関・貴景勝(24)。その直後に慌てたように、元モデルの千葉有希奈さん(28)との婚約を発表した。優勝を飾った11月の秋場所千秋楽後には、正式に結婚を発表。これを機に、貴景勝が引っ越した先(冒頭の写真)は――。

【写真あり】貴景勝に婚約を決断させた本誌「美女との焼き肉デート」

「婚約後の2場所で、『優勝次点』『優勝』ときた大関ですが、有希奈さんとの結婚は、まさしく “大金星” ですよ」

 そう語るのは、相撲担当記者。だが、内助の功だけが要因ではない。

「もちろん有希奈さんのサポートはありますが、彼女の父である元大関・北天祐(享年45)が遺した “相撲部屋” に引っ越したのが大きかったんです」(同前)

 かつて「二十山部屋」として使われていたその建物に、有希奈さんと母は、父の没後14年あまり住み続けてきた。父の急死で閉鎖されたその相撲部屋を、「いつか誰かに受け継いでほしい」と、手入れを怠らず2人で残してきたという。

「貴景勝は今、この妻の実家で暮らす『マスオさん生活』です。でも、これは稽古をするには最高の環境。相撲部屋なので、自由に土俵での調整ができるし、元おかみさんである義母の手料理も食べられます。

 今の大関は顔色、肌艶がいいです。これは力士のバロメーター。この状態なら、綱取りで迎える初場所も期待できるでしょう」(前出の記者)

 大関よ、日本最強の「マスオさん」になれ!

(週刊FLASH 2021年1月5日・12日合併号)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c8353bf81eec677b83bc4bd35834670d0dc066d

続きを読む

Related Posts