北海道知事、12月26日から1月15日まで「実質ロックダウン」を決断、従わない奴はパヨク非国民

鈴木 直道(すずき なおみち 1981年3月14日 – )は、日本の政治家。北海道知事(第19代)。2011年から2019年2月までの2期8年、夕張市長(第18・19代)を務めた。 1981年(昭和56年)3月14日、埼玉県春日部市で誕生。同県三郷市で育つ。埼玉県立三郷高等学校在学中に両親の離婚に
35キロバイト (5,060 語) – 2020年12月9日 (水) 05:29

(出典 www3.nhk.or.jp)
ウイルス感染者が急増していますから不要不急の外出は控える様に呼び掛けるのも仕方ないですね…
早くウイルスが消えてほしいですね…
1 太陽(東京都) [IR] :2020/12/23(水) 23:56:04.95

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、鈴木知事は、来月15日まで札幌市と旭川市で感染のリスクを避ける対策がとれない場合に不要不急の外出を控えるよう求める要請を継続するとともに、道民に対し正月三が日までは極力自宅で過ごすよう呼びかける方向で調整を進めていることを明らかにしました。

この中で鈴木知事は、年末年始の対策について、「今月26日から来年1月15日までの間、札幌市と旭川市で外出自粛の要請を継続するとともに、札幌市の接待を伴う飲食店は依然として感染事例が見られることから、午後10時までの営業時間の短縮を要請せざるを得ない」と述べました。

そのうえで、「特別措置法での措置とは別に、正月三が日までは極力自宅で過ごしていただくことなど『静かな年末年始』に向けた179市町村との共同メッセージを発出することなどについて現在最終調整を行っている」と述べました。

道は専門家の意見なども踏まえ、24日に対策本部会議を開き、要請や呼びかけの内容を決定する方針です。

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20201223/7000028525.html

続きを読む

Related Posts