【全国天気】年末年始は日本海側で大雪警戒 名古屋や大阪でも雪に…

天気(てんき、英: weather)は、ある場所における、ある時刻もしくは一定の期間の、地表に影響をもたらす大気の状態である。 日本語において、「気象」が空に起こる現象を指すのに対して、「天気」は空の状態を指す。英語では”weather”で一括りにされる(厳密に定義すれば、気象は”weather
6キロバイト (447 語) – 2020年12月16日 (水) 05:05

(出典 storage.tenki.jp)
年末年始は大雪が降る地域が多い様ですね…
降らない方が良いですけど…
気を付けてください…
1 BFU ★ :2020/12/25(金) 08:26:38.57

https://weathernews.jp/s/topics/202012/240125/

■この先1週間のポイント■

・27日(日)~28日(月)は天気崩れる
・年末年始は大雪警戒 大阪なども雪に
・年越し寒波 東京でも氷点下の寒さ

27日(日)~28日(月)は天気崩れる
27日(日)から28日(月)にかけて、低気圧が通過する影響で広く雨となります。

しばらく晴れの日が多かった西日本や東日本の太平洋側でも天気が崩れる見込みです。

大掃除や買い出しなど、年末年始にかけての準備は、天気と相談しながら計画的に行うのが良さそうです。
年末年始は大雪警戒 大阪なども雪に

年末年始は強い冬型の気圧配置となり、日本海側で大雪に警戒が必要です。先日の寒波の際に匹敵するような雪の降り方となり、積雪が一気に増えるおそれがあります。

寒気が強く、九州や瀬戸内でも雪が積もるおそれがあり、名古屋周辺や大阪周辺でも雪が降ります。

交通機関への影響などを考慮し、日々更新される週間天気予報をこまめに確認するようにしてください。
年越し寒波 東京でも氷点下の寒さ

非常に強い寒気襲来に伴い、年末年始は全国的に気温が低くなります。

年明けは東京や名古屋、大阪など都市部でも氷点下の冷え込みで、昼間も5℃前後までしか上がらない予想です。札幌でも真冬日が続き、朝は-10℃以下まで下がる見込みで、各地で厳しい寒さが予想されています。年越しは家の中でも暖かくしてお過ごしください。

続きを読む

Related Posts