【桜を見る会】安倍前首相、今夕にも記者会見 「桜」費用負担、25日国会で説明[12/24]

安倍 晋三(あべ しんぞう、1954年〈昭和29年〉9月21日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(9期)。 内閣総理大臣(第90・96・97・98代)、自由民主党総裁(第21・25代)、自由民主党幹事長(第38代)、内閣官房長官(第72代)等を歴任した。
343キロバイト (50,034 語) – 2020年12月23日 (水) 04:12

(出典 i.rubese.net)
安倍前首相の記者会見で、不起訴の説明などするのでしょうかね…?
明日は国会で説明だけど野党側から批判がくるでしょうね…
1 Ikh ★ :2020/12/24(木) 13:09:57.42 ID:+6BZbIwa9.net

 自民党の安倍晋三前首相は、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前夜の夕食会をめぐり不起訴処分となったことを受け、24日夕にも記者会見する方向で調整に入った。

 開催費用の補填(ほてん)への関与を否定するとみられる。複数の関係者が明らかにした。与党は、安倍氏が25日に衆参両院の議院運営委員会に出席し、公開で説明する方向で検討している。

 安倍氏は首相在任中、国会答弁で費用負担を繰り返し否定。しかし、東京地検特捜部の捜査では公設秘書は2016年から4年分の「安倍晋三後援会」の収支報告書に、夕食会の補填額や会費計約3000万円を記載しなかったとされる。公設秘書は政治資金規正法違反(不記載)罪で略式起訴された。

 安倍氏は24日、代理人を通じ大島理森衆院議長に「本会議および委員会の答弁に事実と異なる部分があることが判明した。訂正する発言を行わせていただきたい」と申し出た。大島議長は遺憾の意を伝え、高木毅議運委員長(自民)に、説明の場を議運で検討するよう指示した。安倍氏は山東昭子参院議長にも同様に申し入れた。

 安倍氏の不起訴を受けて、野党は国対委員長が会談。「これ以上、虚偽答弁をできない形が必要だ」として、証人喚問を求めることで一致した。この後、立憲民主党の安住淳国対委員長が自民党の森山裕国対委員長と会い、予算委員会での喚問を要求したが、森山氏は拒否した。

 両氏は同日、再度協議したが平行線をたどった。ただ、安倍氏が25日に国会で説明することは大筋で合意した。 

Yahoo!Japanニュース/JIJI.COM
https://news.yahoo.co.jp/articles/ccc1b69748f1cc0f91a5ca861a59e158e0d287a1

続きを読む

Related Posts