ポール・マッカートニー、40年前に殺害されたジョン・レノンの死を振り返る

ジェームズ・ポールマッカートニー(英語: Sir James Paul McCartney、1942年6月18日 – )は、イギリスのミュージシャン、シンガーソングライター、マルチプレイヤー。『ギネス世界記録』に「ポピュラー音楽史上最も成功した作曲家」として掲載。1960年代にはロックバンドのビート
97キロバイト (13,902 語) – 2020年12月23日 (水) 04:37

(出典 nme-jp.com)
同じビートルズのメンバーだったジョン・レノン氏が殺害された事がポール・マッカートニー氏にとってはショックでしょうね…
ジョン・レノン氏のご冥福をお祈りいたします…
1 首都圏の虎 ★ :2020/12/21(月) 21:30:27.17

ポール・マッカートニーは40年前に殺害されたジョン・レノンの死を振り返っている。

ジョン・レノンは1980年12月8日にマーク・チャップマンによって住んでいたアパートの外で銃で撃たれて殺害されている。

CBSによる新たなインタヴューでポール・マッカートニーはジョン・レノンの殺害から40年をどう受け止めているかを訊かれている。「自分でも分からないよ」とポール・マッカートニーは答えている。「すごく難しいね。折に触れてそのことを考えて、『分からないのに、なんで毎日泣き崩れているんだ?』なんて言うことになるんだろうね。本当にひどいことだからね」

ジョン・レノンの死について泣いたことがあるかと訊かれてポール・マッカートニーは次のように答えている。「毎日ではないけどね。思い出を思い出して、『なんてことだ。不条理でしかない』と思うことはあるだろうね」

ポール・マッカートニーはザ・ビートルズの栄光について語り、ザ・ビートルズの音楽が人々に届き続けていることに「驚いている」と語っている。ザ・ビートルズの楽曲が今も人を感動させている理由について訊かれて、彼は「答えは定かじゃないね」と答えている。

「曲の構造と関係があるのかもね。余計なものがあってはならないからね。然るべき形のものがアルバムには収録されなきゃいけないんだ。でも、そうあり続けていることに驚いているよ。驚いているね。驚いている感じなんだ」

ポール・マッカートニーは1970年発表の『マッカートニー』、1980年発表の『マッカートニーII』に続く3部作となる『マッカートニーIII』を12月18日にリリースしている。

https://nme-jp.com/news/96730/

(出典 nme-jp.com)

続きを読む

Related Posts