関西2府4県などが「緊急宣言」を採択 帰省や忘年会 自粛を(NHK)

関西広域連合は設立前からマスコミや各府県議会などで、しばしば道州制に関連させて論じられているが、その関係性については「関西広域連合設立案」のなかで次のように説明されている。 広域連合は府県と並存するものであり、道州とは設置根拠が異なっている。 将来の関西広域行政のあり方は関西広域連合
28キロバイト (3,984 語) – 2020年12月20日 (日) 09:55

(出典 news.tv-asahi.co.jp)
関西が緊急宣言ですか…
ウイルス感染者が増えている現状ですからね…
早くウイルスが消えてほしいです…
1 蚤の市 ★ :2020/12/20(日) 00:22:33.88

新型コロナウイルスの感染拡大で医療現場がひっ迫する中、関西の2府4県などで作る「関西広域連合」は、年末年始には市民にこれまでとは違った行動をとるよう求める「緊急宣言」を採択し、帰省や忘年会などの自粛を呼びかけました。

「関西広域連合」は19日、大阪市内で新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、今月、新たに連合長に就任した和歌山県の仁坂知事や大阪府の吉村知事らが出席しました。
この中で吉村知事は「感染者と重症者に占める高齢者の割合が高く、今、抑え込んでいかないといけない」と述べ、医療機関の病床がひっ迫している現状を訴えました。

そのうえで、広域連合として市民に年末年始の行動を変えるように求める「関西・年末年始緊急宣言」を採択しました。

宣言では、帰省はできるだけしないこと、感染拡大地域への不要不急の外出、特に、飲食を目的にした往来を控えること、そして、忘年会や新年会はできるだけやめることを求めています。

また、成人式やカウントダウンイベントの前後に集団での飲食などを控えることなども盛り込まれました。

記者会見で和歌山県の仁坂知事は「全国で感染拡大が深刻化する中、広域連合として共通の思いを持って感染拡大防止を訴えようと緊急宣言を出した」と話していました。

NHK 2020年12月19日 14時50分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201219/k10012773041000.html

続きを読む

Related Posts