【ユーチューバー】<つるなか>クレーンゲーム詐欺を暴く動画公開で反響! “特賞”が出ない業者の驚くべき言い訳は?

YouTuber(ユーチューバー)とは、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開しつつ、YouTube社が定める提携プログラムに従い、公開動画に付帯された広告収益による配当を得ている個人および組織。YouTubeのチャンネルをメインに活動している個人または組織を指すことが多く
24キロバイト (3,106 語) – 2020年12月1日 (火) 23:48

(出典 livedoor.blogimg.jp)
クレーンゲームでも詐欺ですか…?
沢山の賞品がありますし特賞の賞品をごまかす事は出来ますからね…
つるなか氏は証拠の動画を撮って公開する事は凄い考えですね!
さすがです!
1 Egg ★ :2020/12/17(木) 21:14:49.64

クレーンゲームをする動画などを多く投稿しているユーチューバーの「つるなか」が14日、クレーンゲームの詐欺行為を暴く動画を投稿し、反響を呼んでいる。

つるなかは「確率機の中身全部獲ったら詐欺が判明したので警察呼びました【クレーンゲーム】」のタイトルで動画を更新。特賞の「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を当てるべく、
つるなかはカプセルの中にくじが入っているクレーンゲームをプレイした。

つるなかは2日間かけ、約6万円を費やし全てのカプセルを獲得したが、特賞は出ず。カプセルの中には特賞のほかに、
お米などが当たるラッキー賞、空気清浄機などが当たる1等、そのほか2等と3等があるそうだが、全てのカプセルを獲得しても特賞とラッキー賞は出なかった。

つるなかがその場にいた店員に説明を求め、店員はクレーンゲームを納品した業者に問い合わせる。

すると業者は、クレーンゲームのカプセルの中には「特賞、1等、2等、3等が景品対象」というポップが貼られていたが、
その特賞という文字を「うっすら消している感じにはなってます」と話し、特賞はカプセルの中に入っていないことを表していたと説明した。

なお、「特賞、1等、2等、3等」という文字は白抜き文字のようになっていて、特賞の文字は消されているというより、白抜きの部分が緑色のサインペンで塗られている状態で、クッキリと特賞の文字は見えていた。
つるなかもキャプションで「いや消えてねぇわ」と突っ込んでいる。

つるなかは「店員も騙されている」と推測し、翌日、警察を交えて業者と話し合いをすることに。業者は「基本的にですね、(特賞の文字は)消してあったのは消してあったんですよ」と釈明。
警察がその後到着して、つるなかは警察に状況を説明したが、詐欺として立証するのは難しいとのことで、今回は「警察からの厳重注意で終了」したそうだ。なお、業者は「申し訳ない」と謝罪し、つるなかに返金対応をした。

この動画を受け、ネット上では「当たり入れない業者絶滅したんかと思ってたけどまだおるんか」「あれだけ悪質なUFOキャッチャーが全国的ニュースになったのにまだこういう業者がいるのか。
本当に卑怯」といった呆れ声のほか、「厳しい罰則にして欲しい。*にしすぎ」「本気で詐欺をするなら法律で裁いた方がいいですね」など、取り締まりを厳しくすべきだという声も寄せられていた。

つるなかのYouTubeチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCKB2ePQcisre4Cacyk1W-

2020年12月17日 12時0分 リアルライブ
https://news.livedoor.com/article/detail/19394823/

続きを読む

Related Posts