京都の花街で舞妓ら9人感染…祇園甲部お茶屋全54軒の営業休止

花街(花町とも書く)(かがい、はなまち)とは、芸者屋、遊女屋が集まっている地域を指す名称である。花柳(かりゅう)という別称もある。売春防止法(1957年施行)までは多くの花街に芸妓と娼妓の両方がいたが、今日花街と呼ばれている地域は芸妓遊びのできる店を中心に形成される区域である。なお、料理屋・待合茶
7キロバイト (942 語) – 2020年11月18日 (水) 11:00

(出典 prtimes.jp)
舞妓までウイルス感染ですか…
早くウイルス消えてほしいですけどね…
1 どどん ★ :2020/12/12(土) 22:12:27.75

 京都五花街の一つ、祇園甲部のお茶屋などでつくる祇園甲部組合(京都市東山区)は12日、10~20歳代の芸妓(げいこ)と舞妓(まいこ)計7人を含む9人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状という。すでに芸妓ら計6人の感染が判明しており、組合は全54軒のお茶屋の営業を20日まで休止する。

 また、先斗町(ぽんとちょう)お茶屋営業組合(同市中京区)も12日、20歳代の舞妓1人の感染を発表した。

読売新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/860e4beed57dd65e3e8b8dfad6aa8bca0e5fd773

続きを読む

Related Posts