【サッカー】J1神戸、MFイニエスタのACL準決欠場が濃厚…三浦監督「ここからは総力戦」

三浦 淳寛(みうら あつひろ、1974年7月24日 – )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。ヴィッセル神戸監督。埼玉県所沢市生まれ、大分県大分市出身。本名および選手時代の登録名は三浦 宏(読みは同じ)。サムデイ所属。 フリーキックの名手であり、日本における無回転フリーキック、ブレ球の先駆者。
27キロバイト (2,989 語) – 2020年10月22日 (木) 15:02

(出典 f.image.geki.jp)
イニエスタ選手が太ももを痛めているのですね…
三浦監督の判断ですけど…
欠場でしょうね…?
試合に影響しなければ良いですけど…
1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/12(土) 20:36:39.87

12/12(土) 20:24
デイリースポーツ

J1神戸、MFイニエスタのACL準決欠場が濃厚…三浦監督「ここからは総力戦」
 前日会見に臨んだ三浦淳寛監督=(C)VISSEL KOBE
 「アジアCL・準決勝、神戸-蔚山」(13日、ドーハ)

 カタールで集中開催されているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場しているJ1神戸は12日、準決勝の蔚山(韓国)戦(13日)に向けて、試合会場のジャシム・ビン・ハマド・スタジアムで三浦淳寛監督(46)とDF酒井高徳(29)が前日会見に臨んだ。

 右太ももを痛めている元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)は欠場の可能性が高い。三浦監督は負傷者が出ている状況を問われ「影響しないと言ったら嘘になる」と率直な言葉を口にした。ただ、連戦で負傷者が出ることは「覚悟していた」とし、「ここからは総力戦。私はチームに帯同している選手を信頼している。誰が出てもチームのためにプレーしてくれると思っている。何とか勝てるように努力したい」と選手への強い信頼を強調した。

 酒井はイニエスタについて「自分たちの攻撃の一番の武器というのは間違いない。試合を決定付ける経験を持っている」と認めつつ、「全てのチームを倒さないと優勝はない。自分たちのやってきたことを信じて、勝利に向かってチーム一丸となってやっていきたい」と決意をにじませた。

 蔚山の金度勲監督(キム・ドフン、50)は元韓国代表FWで、1998、99年の2年間神戸でプレーした。三浦監督は「金度勲さんは神戸のレジェンド」とたたえ、「お互いに好ゲームができれば」と健闘を誓った。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b70b695594a6341cae12e750d757243615fc728f

続きを読む

Related Posts