【芸能】流行語大賞で不正!? ゴリ押し暴露で呆れ声「老害は退場して」 やくみつる氏が猛プッシュする『まぁねぇ~』がノミネート

やく みつる(本名:畠山 秀樹〈はたけやま ひでき〉 1959年3月12日 – )は、日本の漫画家、好角家。日本昆虫協会の副会長。 現在はテレビ番組やラジオ番組のコメンテーター 及びエッセイストとしても活動している。 「やくみつる」の芸名は、麻雀の「役満」を捩ったもの。1981年のデビュー時は「は
39キロバイト (5,773 語) – 2020年11月16日 (月) 08:34

(出典 s.eximg.jp)
毎年恒例の流行語大賞に不正が…?
それは困りますね…
視聴者の方々に申し訳ないですし…
1 jinjin ★ :2020/12/05(土) 20:35:55.89

流行語大賞で不正!? ゴリ押し暴露で呆れ声「老害は退場して」

12月1日、今年の「ユーキャン新語流行語大賞」が発表され、年間大賞は「3密」に決まった。
この会見で選考委員の漫画家・やくみつる氏が、個人的な考えから、とある言葉をゴリ押ししていたと発覚して物議を醸している。

その言葉とは、女性芸人『ぼる塾』の決めフレーズ「まぁねぇ~」。
これはノミネート30語にまで入っていたのだが、その時点からネット上で「なんだよこれ」「聞いたことない」とのツッコミが続出していた。

この件に関して、今回やく氏は「うちであんなにハマった『まぁねぇ~』はなんだったんだ」「聞いたことないという輩がいまして、何を見ていたのか」などと主張し、自ら猛プッシュしていたことを明かした。

バナナマン・おぎやはぎも興味ない「芸人のギャグ」

しかし当然、世間で流行ったことを決める流行語という賞において、〝自分の家で流行った〟〝聞いたことない奴はおかしい〟とする主張はあまりにもズレている。

ネット上では

《個人的感覚で審査するなら審査員辞めろ》
《自分の推しと世間の流行との違いに気づいてませんでした、って告白したから当然、来年はこの人を選考委員から外すんですよね?》
《やくさんの方こそ何を見ていたんですか?》
《審査に私情を持ち込んで、それを悪いと思ってない。そろそろ老害は退場願いたい》

といった批判の声が続出。

やく氏といえば、昨年も全く流行っていない「おむすびころりんクレーター」を流行語ノミネートにねじこんだと明かし、猛バッシングを受けていたが、また同じ過ちをおかしたことになる。

「『まぁねぇ~』については、発信元である芸人界でも認知度が低く、『おぎやはぎ』の2人はノミネートされた時にラジオで驚きを露わにしており、『バナナマン』にいたっては、ノミネートされて初めて知ったと明かしていました。それだけに、やく氏の選考はとてつもないズレがあったと言わざるを得ません」(芸能記者)

『ぼる塾』としても、このノミネートで〝ゴリ押し〟のイメージを持たれてしまって好感度が下落している。
ありがた迷惑とはまさにこのことだろう。

https://myjitsu.jp/archives/181233

続きを読む

Related Posts