【日本医師会】中川会長「市中感染が拡大。誰もが感染している可能性ある」

中川 俊男(なかがわ としお、1951年6月27日 – )は、日本の脳神経外科医、医学者。第20代日本医師会会長。 北海道旭川市出身。函館ラ・サール高等学校、札幌医科大学医学部卒業。1988年、新さっぽろ脳神経外科病院を開設。1992年、日本脳ドック学会を設立し、幹事・事務局長を務める。
2キロバイト (213 語) – 2020年11月7日 (土) 11:22

(出典 fnn.ismcdn.jp)
ウイルス感染者が増え続いていますからね…
知らない間にウイルス感染しているかも…?
早くウイルス終息してほしいです…
1 ばーど ★ :2020/12/09(水) 20:30:32.54 ID:JuM1gKPo9.net

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、日本医師会の中川会長は、地域医療が瀬戸際に追い込まれている大変困難な状況だとしたうえで「誰もが感染している可能性がある」と述べ、さらに感染者数を増やさないよう、感染防止策の徹底を改めて呼びかけました。

日本医師会の中川会長は9日午後、記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり「旭川市や北海道に限った話ではなく、地域医療が瀬戸際に追い込まれる状況にある。医療従事者の心身の疲労もピークに達しており、大変困難な状況が生まれている」と危機感をあらわにしました。

そのうえで「全国で、特に市中感染が拡大している現状では、誰もが感染している可能性がある。いま何よりいちばんの支援は、感染者を極力増やさないことで、最強の感染拡大防止策は、一人ひとりの日常の、慎重で愚直な所作と行動だ」と呼びかけました。

一方、中川氏は、75歳以上の医療費の窓口負担の引き上げをめぐる、政府・与党の調整について「感染への心配から高齢者が医療機関の受診を控えている中で、負担を2倍にするのはあまりに酷で、引き上げは極力、限定的な範囲にしてほしい」と述べました。

2020年12月9日 18時13分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201209/k10012755201000.html

(出典 www3.nhk.or.jp)

続きを読む

Related Posts