Yahoo!検索大賞 お笑い芸人部門賞はフワちゃん「今年はいっぱい自分の名前で検索した」

フワちゃん、都大会3位の俊足少女時代! フワママ&フワ叔母も活躍に「うれしい」”. 週刊女性 (2020年6月3日). 2020年6月4日閲覧。 ^ Wikipediaの真偽を確かめるフワちゃん – YouTube ^ a b c “「生きていることがエンタメに」ユーチューバー芸人・フワちゃんがバズるワケ”
25キロバイト (3,680 語) – 2020年11月28日 (土) 19:34

(出典 news.biglobe.ne.jp)
フワちゃん、Yahoo!検索大賞受賞おめでとうございます!
嫌われている様だけど意外と検索される位に人気があるのですね!
これからも頑張ってください!
1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/09(水) 03:02:38.29 ID:CAP_USER9.net

12/9(水) 0:00配信
スポニチアネックス

「Yahoo!検索大賞2020」お笑い芸人部門賞に選ばれたフワちゃん

 前年と比べ検索数が最も急上昇した人物などを表彰する「Yahoo!検索大賞2020」の受賞者や作品などが9日に発表され、お笑い芸人部門賞はタメ口でお茶の間の人気者になったYouTuber・フワちゃん(27)が初受賞。「2020ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)のトップテン入りに続き、今年の活躍を示した。

 急上昇理由は「昨年、テレビ番組『ウチのガヤがすみません!』への出演がきっかけで人気に火がついたYouTuber芸人。今年はSNSで活躍する一方でテレビにも引っ張りダコ。『徹子の部屋』や『24時間テレビ』にも出演、自由奔放な言動で話題を振りまきました」。一緒に検索されたワードとしては「英語・大学・24時間テレビ・帰国子女・八王子・出身・グッとラック・交通事故」などがあった。

 フワちゃんは「もう最高!文字通りヤフー!って感じ。うれしい!すっごいトロフィー重かったし、なんでこんな形してるんだろうと思ってパタンて倒してみたら、『フワちゃん』って書いてあってカワイイ!!超カワイイ!!私も今年はいっぱい自分の名前で検索した。『フワちゃん』とか、『フワちゃん スペース 楽しい』とか、『フワちゃん スペース タピオカ大好き』とか、いっぱい調べたよ!」と喜びのコメント。

 「Yahoo!検索大賞」は国内最大級の検索サービス「Yahoo!検索」のデータを基に、前年と比べ検索数が最も急上昇した人物、作品、製品を選出し、表彰するアワード。2014年に創設された。20年は1月1日~11月1日の集計データを基に“今年の顔”として検索数が最も急上昇した人物に贈る“大賞”に加え「パーソンカテゴリー(10部門賞)」「カルチャーカテゴリー(6部門賞)」「プロダクトカテゴリー(7部門賞)」「ローカルカテゴリー(47部門賞)」において人物、作品、製品などを選出した。

 【Yahoo!検索大賞 歴代お笑い芸人部門賞】

 2014年=日本エレキテル連合

 2015年=8・6秒バズーカー

 2016年=カズレーザー

 2017年=ブルゾンちえみ

 2018年=ひょっこりはん

 2019年=りんごちゃん

 2020年=フワちゃん


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdf3ecaf59b7698b261f056f24e8f074e2cd1079

続きを読む

Related Posts