今,注目される「不育症」カップルが直面する困難 政府の「不育症対策に関するプロジェクトチーム」が始動

子宮の形態異常によっておこる不育症である。頻度としてもっとも多いのは子宮筋腫(特に粘膜下筋腫によるもの)によるものである。子宮筋腫自体は生殖年齢の女性の20〜50%に見られるといわれている。筋腫核の位置、数、大きさによって妊娠への影響は異なる。その他、中隔子宮、子宮発育不全、子宮動脈奇形、子宮内膜癒着、子宮内膜
10キロバイト (1,734 語) – 2019年12月15日 (日) 16:05

(出典 pbs.twimg.com)
不育症だと流産などが困りますからね…
政府で対策が必要ですよね…

続きを読む

Related Posts