190大学、年度末に休退学増加を予想 コロナで生活苦(朝日・河合塾共同調査)

学費 (授業料からのリダイレクト)
授業料・入学金については公費となる。条例・規則に定めのある空調使用も公費である。これら以外の私費については保護者への説明や明確な法的根拠無しに徴収されている場合もある。また、学内のみで処理されているため、しばしば横領等の経理事故が起きることがある。 授業料 授業を受けるために必要な費用。毎年掛かるもの。
22キロバイト (2,405 語) – 2020年7月22日 (水) 15:22

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
大学の授業料は高いでしょうし、コロナウイルスの影響で収入が少ないから、やむなく退学しなきゃ…ってなりますからね…
早くウイルス終息してほしいです…
1 蚤の市 ★ :2020/11/29(日) 07:26:51.50 ID:tqmEuWto9.net

 コロナ禍の影響で、全国の国公私立大のうち少なくとも190大学が、「経済的理由による退学・休学者」が今年度末に増えると予想していることが、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」でわかった。不況による学生の家計悪化が続き、今後、「経営が困難な大学が増加する」と予想する大学も回答者の8割を超えた。

 調査は9月25日~11月24日、国公私立の767大学を対象に「新型コロナウイルスによる影響」などを尋ね、82%にあたる631大学が回答した。6~7月の緊急調査と同じ「就職活動」「経営状態」など14項目の選択肢を示し、「現時点(10月上旬)」と「年度末ごろ(来年3月)」について、特に大きな影響があると考える問題を、学長に五つまで選んでもらった。

 10月上旬で最も多いのは「学生募集」で78%、「授業の実施方法」が60%、「就職活動」が57%で続いた。来年3月の予想については、卒業式などの「行事」75%に「学生募集」55%が続き、コロナ不況で採用を減らす企業が相次いだことを受け、54%が「就職活動」を挙げた。

 不況で家計が苦しくなり、学費を払えない学生が増えるとみる大学も多い。「退学・休学の増加」は緊急調査時の7月に9%だったが、今回は10月に15%、来年3月には30%に急増。特に、国公立より学費が高い私立大は35%に達する。岐阜県の小規模私立大は「すでに経済的理由で退学した者がいる。今後も同様の理由で退学・休学する者も出てくると考えられる」と危機感を募らせる。

 休退学者の増加などが、「経営…(以下有料版で、残り414文字)

朝日新聞 2020/11/29 7:00
https://www.asahi.com/sp/articles/ASNCX76YTNCSUSPT00K.html?iref=sptop_7_02

続きを読む

Related Posts