白石「1人あたり大きな骨が8本出ます」煮込みは2時間、冷蔵庫で乾燥後にジップロックへ

座間市立旭小学校 座間市立入谷小学校 座間市立栗原小学校 座間市立相模が丘小学校 座間市立相模野小学校 座間市座間小学校 座間市立相武台東小学校 座間市立立野台小学校 座間市立中原小学校 座間市立東原小学校 座間市立ひばりが丘小学校 中学校 座間市立栗原中学校 座間市立相模中学校 座間市座間中学校
50キロバイト (5,363 語) – 2020年11月26日 (木) 03:05

(出典 bunshun.ismcdn.jp)
殺害した上に遺体解剖して煮込んだりするとは…
過去の宮崎元死刑囚と似た様な残虐ですね…
極刑は免れませんね…
1 キチンシンク(やわらか銀行) [ニダ] :2020/11/26(木) 11:56:54.12

「一人あたり、大きな骨が8本出ます」

 遺体解体では、「血抜きをしていれば、肉をそぐときには血はほとんど出ません。食肉を切ったり、魚をさばくときの心境とはまったく違います。やらなければ、つかまってしまうという必*面と、こうすれば効率的に作業ができるなとも考えていました」と白石被告は述べる。その上で、頭部遺体は猫砂を入れたクーラーボックスに入れているが、弁護人から「表情は目に入ったのか?」と聞かれて、こう答えている。

「目に入りました。こんな顔をするのか、という感じでした。ただ、全員のことは思い出せません。(今日のやりとりでは)最後の方、Iさんの表情は思い出しました」

 その後、匂いを消すために、腕や足、肋骨などの骨を鍋に入れた。

「一人あたり、大きな骨が8本出ます。両側を煮ます。そのため、16回、煮ることになります。2~3時間で終わりましたので、1回10分ぐらいだったと思います。その後、冷蔵庫に入れて、乾燥させました。長くても30分ぐらいだったと思います。

 肉片はジップロックに入れて、新聞紙で包みました。新聞紙に包むジップロックは1つのときもあれば、2つのときもありました。4つぐらいにわけて、ゴミ袋に入れました。40リットルや50リットルの大き目な袋です。1回では4~5袋になりました。一度では捨てられないので、2~3回にわけて捨てました。朝になって、出勤する人や通学する人がいるときに捨てれば、怪しまれないと思いました。他の住民が捨てて、ゴミがたまり、匂いがあるような時に捨てたのです」

「肉片はジップロックに入れて、新聞紙で包みました」白石被告が語ったおぞましい遺体解体の実態
https://bunshun.jp/articles/amp/41786?page=1

続きを読む

Related Posts