【サッカー】ACL第3節 FC東京、上海申花に終始優勢もPKから失点…ACL再開初戦、Jリーグ勢としては今季初黒星

AFCチャンピオンズリーグ (ACLリーグからのリダイレクト)
League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称はACL。 大抵は年度を付加して“AFCチャンピオンズリーグ [年度]”(英: AFC CHAMPIONS LEAGUE
56キロバイト (4,212 語) – 2020年11月15日 (日) 00:49

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
FC東京は黒星ですか…
残念ですね…
次の試合から頑張ってください!
1 久太郎 ★ :2020/11/24(火) 20:56:02.37

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は24日にグループFの第3節が行われ、FC東京は上海申花(中国)と対戦した。

ACL|FC東京 vs 上海申花|結果・スタッツ

新型コロナウイルスの影響で2月から中断が続いていたACL。今年度の大会はカタールでの集中開催となった。日本勢の再開初戦は、これまで1勝1分けで2位につけるFC東京と1勝1敗で3位の上海申花による一戦。幸先の良いリスタートを切りたいFC東京は、ディエゴ・オリヴェイラや永井謙佑、レアンドロらを先発で送り出している。

試合は序盤からFC東京が支配率を高めていき14分にはボックス内中央のレアンドロがシュートを浴びせたが、ここは上海申花DFがブロック。その後も相手を押し込み続けるFC東京だったが、なかなか得点を奪うには至らない。

前半終了間際にはボックス手前左のFKからステファーヌ・エムビアにフリーでヘディングシュートを許したもののオフサイドの判定。スコアが動かないまま折り返しを迎える。

後半に入ると上海申花が盛り返して中盤での争いが激化していくものの、それでもFC東京が比較的優位に運ぶ。最前線のD・オリヴェイラがファウルで止められるシーンが増えて幾度か相手陣内でFKを獲得する。しかし、簡単には得点に結びつかない。

互いに選手を入れ替えて打開を図る中、先にスコアを動かしたのは耐え続けた上海申花だった。70分、ピッチ中央付近で上海申花がFKを獲得し、ボックス内にボールが蹴り込まれる。抜け出そうとした相手を中村帆高が倒してしまったとしてPKの判定が下されると、キッカーのユー・ハンチャオが落ち着いて沈めた。

失点後も攻勢を保つFC東京だったが、最後までゴールをこじ開けることができずに試合が終了。アジアの舞台において日本勢として今シーズン初の敗北を喫することとなった。27日のグループステージ折り返しとなる第4節で再び上海申花と相まみえるFC東京は、リベンジを果たすことができるのだろうか。

■試合結果
FC東京 0-1 上海申花

■得点者
FC東京:なし
上海申花:ユー・ハンチャオ(72分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e51c6f6cde5826fad132329e465bbd5a93a8d9c4

ACLグループリーグ順位
https://www.jleague.jp/standings/acl/

続きを読む

Related Posts