電車内でけいれんし倒れた男性を救命救助した疑いで美人看護婦の絹川千尋さんに感謝状 春日部

捜索救難 (捜索救助からのリダイレクト)
がオーストラリアで座礁したのに端を発する。 山岳救助は山岳地帯や砂漠や森林に特化した捜索救難運用が行われる。 日本においては、主に消防の山岳救助隊や警察の山岳警備隊、地元山岳会や民間の救助隊が山岳救助の任務を行う。また、これらの救助隊では救出が困難な場合や二重遭難などで、航空機による救助
10キロバイト (1,158 語) – 2020年3月30日 (月) 21:33

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
電車内で倒れた男性を救護したのは、大したものです!
感謝状良かったですね!
1 パイルドライバー(光) [ニダ] :2020/11/26(木) 08:17:11.82

埼玉県春日部市立医療センターの看護師の絹川千尋さんが、電車内で倒れた男性を救命救助したとして、越谷市の宮稔消防長から感謝状が贈られた。

呼吸ない…偶然近くにいた看護師、妻の命救って立ち去る 夫が看護師探すと…看護師から連絡「無我夢中で」

 絹川さんは10月7日、春日部駅からせんげん台駅に向かう東武スカイツリーラインの上り急行電車内で、目の前に座っていた50~60歳くらいの男性が、けいれんを起こして倒れた。
絹川さんが脈を確認したが脈が取れなかったことから、男性の隣に座っていた乗客とともに床に寝かせ、心肺蘇生(心臓マッサージ)を行った。

 途中から同じ電車に乗り合わせていた研修医が駆け付け一緒に心肺蘇生を行った。せんげん台駅で下車し、越谷市の救急隊が到着するまでの間AEDを使用し、救急隊に引き継いだ。
病院に搬送された男性は11月6日に退院し、現在は社会復帰しているという。

 贈呈式は春日部市役所で行われ、宮消防長から「このたびはありがとうございました」とのお礼があり、絹川さんは笑顔で応えていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a1524a7b39dfcf44b930ecfd4357fa08e9a645e

続きを読む

Related Posts