【訃報】『釣りキチ三平』矢口高雄さん死去 81歳 膵臓がんで闘病

矢口 高雄(やぐち たかお、1939年10月28日 – 2020年11月20日)は、日本の漫画家、エッセイスト。株式会社矢口プロダクション代表取締役。本名、高橋 高雄(たかはし たかお 戸籍上は「高」が異体字(はしご髙)で髙橋 髙雄)。血液型A型。 自然の中での生活をテーマにした作品を描き、代表作
18キロバイト (2,620 語) – 2020年11月25日 (水) 05:46

(出典 www.asahicom.jp)
釣りキチ三平は釣りをする方々含めて人気の漫画でしたからね!
お気の毒です…
ご冥福をお祈りいたします…
1 首都圏の虎 ★ :2020/11/25(水) 13:19:17.86 ID:CAP_USER9.net

『釣りキチ三平』などで知られる漫画家の矢口高雄さんが20日、81歳で亡くなった。25日、次女のかおるさんが矢口さんの公式ツイッターで報告した。

 かおるさんは「父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました」と報告。今年5月に膵臓がんが見つかり、約半年にわたり闘病していたことを明かし、「すごくつらくて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様」と矢口さんに呼びかけた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/77fb03524e671ecfbb3a2a847a9adbd2959e26fc

続きを読む

Related Posts